勉強のワンパターン化の勧め。

勉強開始のワンパターン化をお勧めします。

勉強は、継続しないが常です。それは、毎回において勉強を始めるのが苦痛だからです。その苦痛を和らげることができれば、勉強を継続することができます。

さて苦痛の原因は、毎回『勉強するぞ』と決意が必要になるからです。その決意を不要とすれば、楽に勉強を始められます。例えば、毎日歯磨きをします。毎日顔を洗います。毎日何かを継続しているのと同じようにすることです。

その方法として、前日勉強した場所の確認で良いと思います。アンダーラインを引いた数を数えるのでも良いと思います。これであれば、誰でも簡単にできます。

それから、勉強開始時間を固定することです。お勧めは、早朝の2時間です。早朝であれば、誰にも邪魔されません。場所は、自宅でも会社でもやりやすい方を選んでください。

朝の時間は、貴重だと言います。朝の10分間は、夜の30分間に匹敵すると言います。朝の時間は、夜の時間に比べて3倍の価値ああります。もしそうであれば、早朝の2時間の勉強は、夜の6時間の勉強に匹敵します。6時間が正しいかどうかは、解りませんが、夜よりも朝の方が時間の制約から必死で勉強すると思うます。効果抜群です。

勉強のワンパターン化として、毎回・簡単な事を・同じ場所で・同じ時間(お勧めは早朝)に勉強する事をお勧めします。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

電験