花形の電験三種は、二種や一種の入り口です。

電験三種をしっかり勉強すると二種や一種の合格が早いです。

例えば、三相の計算問題で電験三種は、平衡負荷を想定して出題されます。二種は、不平衡負荷で出題されます。一種は、変動負荷で出題されるようなイメージです。すなわち、同じ内容が高度になるイメージです。(同じ電気を扱っているのですから当然ですが)

二種や一種は、三種の延長線上なので、理解しながら電験三種を勉強すると将来に一種も取得することができます。暗記を重点にして勉強すると電験三種で止まってしまいます。

最も電験三種の取得でも立派なものです。私が工業高校に在学していた時の教員が、『数年前に電験三種を取得して卒業した者がいます。君たちもチャレンジしてください』と話されたのを記憶しています。その時依頼、電験三種合格者を憧れの目で見ています。

電験三種は、電気の資格で花形です。頑張りましょう。

電験