逆転の発想の勧めです。

人間はできない事に着目しますが、逆の発想をすると良いと思います。それは、できることに着目することです。

例えば、機械の試験をうけて18問の解答を考えたとします。しかし解答できなかった問題が2問あれば、その2問の事を考えます。ですが、解答できた16問を考えた時に合格基準点の55点をはるかに超えています。

人間は、できなかったことを考えがちです。しかし、できることを考えるのも逆転の発想で良い事もあります。

参考にしてください。

電験