合格までの時間を短縮する方法は。

電験三種は、同じ問題が繰り返し出題されます。

同じ問題と言っても問題文や解答まで同じという意味でありません。類似問題が繰り返し出題されるという意味です。

例えば、送電線のたるみを求める問題は、2年~3年毎に出題されます。直流電動機で回転数を求める問題も数年ごとに出題されます。

これらの過去問題を分析することによって、最短合格が可能です。

電験三種に満点合格でなく、合格最低点狙いであれば、過去問題5年分の勉強で十分です。過去問題5年分の勉強であれば、それほど時間をかけなくても勉強できます。

ただし、理解でき無い問題は、何時間勉強しても理解できません。例えば、エジプトの象形文字を長時間眺めても何が書かれているか理解でき無いのと同じです。

ですが、日本語の普通の文章であれば、理解できると思います。

電験三種も同じです。貴方の理解できる範囲は、勉強時間が解決してくれます。それが、過去問題5年分の勉強です。

もし理解できない事があれば、誰かに教えてもらう事です。解らない事を理解できるまで自分で考えるのは、タイヤを再発明するのと同じです。すでに答えがあるものは、答えを知っている人に教えてもらうのが最短合格です。

「電気と資格の広場」では、ワンコインセミナーを実施しています。

もし今年の電験三種合格を目指しているのであれば、ワンコインセミナー(←ここをクリック)に参加してください。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

電験