試験に出る問題を勉強する。

電験三種の試験問題は、毎年ほぼ決まっています。理論の1問目は、クーロンの法則です。そして、コンデンサの問題が出て、磁界の問題が出ます。5問目あたりに直流回路の問題があります。8問あたりに交流回路の問題が出ます。13問目あたりに電子回路関係の問題が出ます。そして、16問目あたりに三相交流の問題が出ます。そして、最後に電子回路関係の問題で終了です。

このように電験三種の問題は、毎年類似問題が出ます。これを考えて勉強すると最短合格できます。

試験範囲を全て勉強するのも良いですが、最短合格するには、試験に出る問題を勉強するのが最適です。

「電気と資格の広場」のワンコインセミナー(←ここをクリック)は、試験に出る問題を厳選して勉強しています。

参考にして下さい。

電験