貴方のお子さんは、勉強していますか?

貴方のお子さんが勉強し無ければどのように言いますか?

電験三種の試験において合格するためには、勉強を継続する事が全てです。

例えば、毎日1個の過去問題を学習を実施したとします。1年間で365個実施できます。合格の目安としている1年分の66個×5年分=330個をはるかに超えます。もちろん330個実施しても合格の保証は、ありません。ですが、誰でも330個の実施はできるのです。これほど貴方の努力を判断できる指標は、無いと思います。努力もせずに良い結果を望んではいけないのです。

もし貴方のお子さんが、『勉強の努力をせずに学校の成績が良くなってほしい』と考えたら貴方は、どのように言うでしょうか? 貴方は『そんな馬鹿な事を考えずに勉強しろ』と言うと思います。すなわち、努力せずに成果を期待するのは、お子さんに対して恥ずかしい事です。

もし『電験三種の試験に合格したい』と考えるのであれば、毎日キーワード学習をすることです。そうでなければ、『勉強せずに学校の成績が良くなってほしい』と考える子供と同じだと理解してください。

どの様に勉強すれば良いか知りたい人は、「電気と資格の広場」のワンコインセミナー(←ここをクリック)に参加してください。貴方の勉強方法をお教えいたします。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

電験