お子さんが『忙しくて勉強できない』と言ったら?

良くお聞きする言葉に『忙しくて電験三種の勉強ができませんでした』というのがあります。貴方はいかがでしょうか?

同じことを貴方のお子さんが、言ったらどのように考えるのでしょうか? 勉強せずに学校の成績が下がって『忙しくて学校の勉強が、できませんでした』と貴方のお子さんが言ったら貴方は、どのように考えるでしょうか?

貴方は、『そうか、忙しいんだったら学校の勉強が、でき無くてもしょうがないね。 成績が下がってもしょうがないね』と言いますか? 言わないはずです。

貴方が『忙しくて電験三種の勉強でき無い』と言うのは、貴方のお子さんが学校の勉強をし無い場合と同じ事なのです。

さらに言えば、貴方のお子さんが学校の勉強をし無いよりも、貴方の方が重大です。なぜなら、貴方のお子さんが学校の勉強をし無くても学校の成績が下がるだけですが、貴方が電験三種に合格できなければ、貴方の家族の生活費に影響するからです。 貴方の肩に家族の生活が懸かっているのです。そして、貴方の勉強姿勢をお子さんの手本に見せるべきです。貴方は、『忙しくて』と言ってはいけないのです。

もし、忙しくてどのように勉強して良いか解らない人は、「電気と資格の広場」のワンコインセミナー(←ここをクリック)に参加してください。私(坂林)が、貴方の最適な勉強方法をお教えします。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

電験