電験三種には、出題傾向がある。

電験三種の問題は、区分やテーマ別に出題傾向があります。

例えば、理論の場合、区分と出題量を見ると次の4区分です。

1、電磁気 30%
2、直流・交流回路 40%
3、計測 10%
4、電子理論・回路 20%

見てわかるように電磁気と直流・交流回路で70%を占めます。もし100%の満点合格を狙うのでなく、55%の合格点狙いであれば、電磁気と直流・交流回路を勉強するだけで合格できます。

さらにそれぞれの区分では、出る問題が決まっています。電磁気で出題されるのは、電磁現象・電界・電束密度・電荷に働く力・電流と磁界の関係・コンデンサの諸計算・磁気回路・起磁力・コイルのインダクタンスの計算です。他の区分も同じです。

よって、電験三種で満点合格を狙うのは、大変ですが、55%の合格点狙いであれば、比較的簡単です。

貴方も出題傾向を分析して一発合格を目指してください。もし、出題傾向分析ができ無い人は、「電気と資格の広場」のワンコインセミナー(←ここをクリック)に参加してください。

私が出題傾向をお教えいたします。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

電験