勉強の場所や方法のお勧めです。

電験三種の勉強をする場所でお勧めは、下記です。

1、通勤電車
2、食事後から寝るまでの時間
3、休日の図書館

僕は、通勤時間が片道2時間(往復4時間)でした。そのため、毎日4時間勉強できました。それと、家族の応援があり食事後や休日の図書館で勉強させてもらいました。

通勤時間が長いとありがたいですね。誰にも邪魔されずに毎日みっちり勉強できます。さらに土日の休日は、教材作成に頑張りました。教材作成とは、混雑した通勤電車の中で片手だけ自由になるので『片手だけで操作できる勉強教材』の作成です。それが、リングで綴じた英単語カードを流用して電気単語カードを作成しました。

電気単語カードには、公式集や専門用語など暗記すべき内容を記載しました。また、苦手な問題の問題文と解答解説も記載しました。もし今であれば、スマートフォンにデータを保管して片手で操作して勉強できます。PDFファイルであれば、数冊の本をデータで持ち歩けます。

今年の試験合格を目指す人は、ぜひ参考にして下さい。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

電験