勉強と仕事で質問方法の違い

【お知らせ】ZOOMセミナーのご案内

電験三種のセミナーをZOOM(TV会議)で実施することにしました。このZOOMは、非常に優れたプログラムで、使いやすいです。例えば、電力の解説(←ここをクリック)、または、下の画像をクリックしてご覧ください。

さて、このZOOMを使って電験三種のセミナーを実施しようと考えます。受講料は、1科目500円(ワンコイン)から最大でも1科目2,500円です。もしよかったら、下記から申し込んでください。

 

【コラム本文】勉強と仕事で質問方法の違い

きょうは、勉強における質問方法仕事における質問方法の違いについて書いてみます。

電験三種を受験する人の多くは、社会人です。毎日会社で仕事をしています。

仕事をしている中で不明点があれば、上司から解らないことは知っている人間に聞きなさいと業務指導されていると思います。

この業務指導は仕事上においては正しいのですが、勉強においては不適切です。目的が違うからです。

仕事における目的は、会社にとって良い結果を出すのが目的です。勉強は、本人にとって良い結果を出すのが目的です。

この違いによって次の違いが出てきます。

1、会社の場合

途中経過はともかく正しく適切な答えが得られれば問題ありません。そのために、答えを出す人間はあなたでなくてもかまいません。早く正確な答えを出せる人間を見つけることが重要になります。

2、個人の勉強の場合

結論はともかく正しい答えが得られる途中経過プロセスが身につけば問題ありません。そのために、問題点が何かを考えて、課題を設定して、答えを導く方法をあなたが学ぶ必要があります。

すなわち、会社は結果が重要で、個人は途中経過が重要なのです。

以上から勉強において質問するときの内容が違ってきます。

1、まず過去に会得したスキルで自分なりの答えを見つけます。

2、指導者に考え方が正しいかを質問してみます。(その時に答えが正しいかを聞いてもかまいませんが、重要なのは考え方です。答えが正しいかどうかで無いです。)

3、考え方が正しければ、別の場面で正しく応用できるかを確認します。

以上です。それでは、一発合格を目指して頑張りましょう。

このコラムは拡散希望です。1人でも多くの人に電験三種合格者になっていただく思います。読者の励みなればと思い、転記転載転送をよろしくお願いします。

では、一発合格を目指して頑張りましょう。

電気と資格の広場では、来年度の合格を目指してセミナーを開始しました。ワンコインセミナー(←ここをクリック)です。もしよかったら、参加してみてください。

申込みたい人は、下記バナーから申込みをお願いします。

ワンコイン電験三種合格セミナー

では、最短合格を目指して頑張りましょう。

ワンコインセミナー(←ここをクリック)

動画サイト(←ここをクリック)

動画サイトの登録初月は、無料です。もし良かったら、動画サイト(←ここをクリック)から会員登録をお願いします。では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

電験
電験3種ワンコインセミナー
電験3種ワンコインセミナー
LINE@

友だち追加

無料メールマガジン

「電気と資格の広場」
電験3種合格マガジン

無料メルマガ登録規約に同意して

有料メールマガジン

電験3種合格マガジン

「電気と資格の広場」電験3種合格マガジンは、電験3種(電気主任技術者国家試験第三種)の試験に合格するためのマガジンです。

1,080円/月(税込)

購読はこちら

上級電気工事士合格マガジン

第1種電気工事士の試験を受験する人や、第2種電気工事士を余裕で合格したい人を対象に作成しました。

1,080円/月(税込)

購読はこちら

お問い合わせ先

【電気と資格の広場】

  • TEL 03-6314-7816
  • 受付時間 9:00~17:00

お問い合わせフォーム