落ちる人、受かる人

「氷山の一角」と言う言葉や「一事が万事」などの言葉があります。受験生からの問い合わせメールなどを読んでいると、『この人は、落ちるな』とか『この人は、受かるかも』などと7~8割の確率で分かる時があります。

例えば、なるべく勉強し無いで合格しようと考える人や、楽をして合格しようと考える人は、落ちる人に多いです。それに反して効果的な勉強を考える人は、受かる人に多いです。さらに、何度も同じミスを繰り返す人も落ちる人に多いです。

また、周りの人に素直な人は、受かりやすいですが、言われた事しかし無い人は、落ちる人です。 自分で創意工夫する人は、受かりやすいですが、自分で考えない人は、落ちる人です。

クレームなど文句の多い人は、落ちる人ですが、置かれた環境で最善をつくす人は、受かる人です。『時間が無い』など言い訳の多い人は、落ちる人ですが、言い訳し無い人は、受かる人です。 性格の暗い人は、落ちる人ですが、性格の明るい人は、受かる人です。

上記以外でも落ちる人と受かる人で傾向があります。貴方は、当てはまるでしょうか? 参考にして下さい。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

電験