ダニング=クルーガー効果

貴方は、ダニング=クルーガー効果をご存知でしょうか? このダニング=クルーガー効果は、電験三種を複数回受験している多くの人に見られます。

ダニング=クルーガー効果は、一種のバイアスで『自分なら能力があるから、次の試験で合格できる』とおもって、でも実際に受験してみると不合格になる事です。なぜそのようになるかと言うと人間は、自分の能力を正しく判断でき無いからです。

なぜなら、自分に自分の欠点は、見えません。もし見えている欠点であれば、時間がたてば、自分で是正できます。自分で見えないから欠点として残っているのです。

例えば、直流電動機の回転数を計算できますか? 誘導電動機の比例推移を説明できますか? これができ無ければ、機械は、合格点を取れません。

これらができると思っているけれども、計算できない人が、不合格になるのです。

あと51日で本番試験です。貴方には、ムダな事をやっている余裕などありません。今すぐ勉強をしましょう。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

電験