天才でも結果を出すには、勉強が必要です。

電験三種の合格を目指す人で、勉強せずに合格したいと考える人がいます。勉強せずに合格する事は、できません。

これは、どんな天才でも同じです。勉強せずに結果の出せる天才は、いません。例えば、脳科学者の茂木健一郎氏ですが、氏の著書を読んでみると、どれだけ勉強しているかが理解できます。他の人に比べて圧倒的に大量の勉強をしています。

茂木氏の著書によれば、勉強のできる人は、勉強するのが楽しいから勉強するのであって、長時間勉強しても苦痛で無いから勉強できるのだそうです。そして、長時間勉強するから、結果が出るのだそうです。

すなわち、頭の良い人も5時間勉強が必要であれば、同じ5時間を勉強するのだそうです。

私は、このコラムで電験三種の合格には、1,000時間の勉強が必要だと述べています。元から電気の知識があれば、1,000時間より短いかもしれません。ですが、必要な時間があるのです。

このコラムを読んでいる貴方は、必要な時間を効率よくしっかりと勉強して、電験三種に一発で合格してください。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

電験