『一事が万事』

『一事が万事』と言う諺があります。例えば、遅刻の多い人は、失敗が多い人です。メールで自分の名前を書かない人は、わかりにくい文章のメールを出す人です。 汚い文字を書く人は、文書内容が稚拙な人です。貴方は、どう思うでしょうか?

遅刻と失敗は、無関係です。ですが、時間にルーズな人は、他の事でもルーズです。そして、ルーズであるがゆえに準備や確認がルーズで失敗が多いです。

また、メールで自分の名前を書かない人は、メールを受け取る人の事を考えていません。メールを受け取る人は、複数の人からメールを受け取っています。 100人からメールが来て名前の書いて無いメールがあると、メールアドレスで名前を検索します。名前の書かない人は、受け取る人の事を考えて無いので、メールの本文も受け取る人の事を考えていません。メール本文は、わかりにくい文書であることが多いです。

汚い文字を書く人は、丁寧に文字を書かない人です。 丁寧に文字を書かない人は、文書も丁寧に書きません。文書内容も稚拙な場合が多いです。

文書を書くときに受け取る人の事を考えないで書く人がいます。 自分の書きたい事を書く人です。しかし、多くの場合、自分の書きたい事を書く人は、評価が低いです。例えば、電験三種で『〇〇について述べなさい』と問われているとします。しかし、問われている『〇〇』について、述べないで別の事を述べたのでは、評価は、ゼロです。

さらに、出題者の『〇〇について述べなさい』には、目的があります。〇〇を述べさせることによって、確認したい内容があります。その確認したい内容の書いて無い文書は、評価が低いです。すなわち、出題者の意図を理解して無い人は、不合格です。

『一事が万事』と言う諺があります。遅刻の多い人は、電験三種に不合格になる人が多いです。メールで自分の名前を書かない人は、電験三種に不合格の人が多いです。汚い文字を書く人は、電験三種に不合格の人が多いです。なぜなら、相手の事を考えて無いからです。

そして、何か指摘されて自分の事だと気づかない人は、電験三種に不合格の人が多いです。 自分の事だと考える人は、電験三種に合格する人です。貴方は、どちらでしょうか? 自分の事だと気づかない人ですか? それとも、自分の事だと考える人ですか?

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

電験