電験三種は、自分で合否判定がしやすい。

電験は、比較的取り組みやすい資格です。なぜかと言うと勉強時間に比例して、合否が決まるからです。私がいつも言っている「電験三種に合格するには、1,000時間の勉強が必要」です。

これは、極端に500時間以下で合格できる人は、極めてまれです。また、1,500時間勉強しても不合格の人も稀です。すなわち、合格する人のほとんどが、500時間~1,500時間の勉強をしています。

また、過去問題で勉強したとします。これも過去問題の5年間以上を勉強している人が、合格できます。過去問題の4年以下の勉強で、合格できる人は、少ないです。以上から、電験三種は、やるべき事をやれば、誰でも合格できる資格と言えます。

ただし、1,000時間を500時間に短縮する勉強方法は、あります。効率的に楽に勉強する方法は、あります。どうせ勉強するなら、効率的に楽に勉強して下さい。

毎日苦しい思いをして勉強したのでは、長続きしません。

もし、「電気と資格の広場」の支援がほしい人は、ワンコインセミナー(←ここをクリック)
申込んでください。

では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

電験