逆境を喜ぶ? それとも。

今日は、『成功する人は逆境で成長し、失敗する人は逆境で挫折する』と題して書いてみます。

逆境とは、何かを成し遂げる時の障害です。例えば、逆境とは、業務をするときに難解な事前調整や専門知識が必要になってしまう場合です。あるいは、社会環境などの逆風を言います。

このような時、成功する人は、逆境を喜びます。何故ならば、難解な事前調整を乗り越える能力が身につくからです。あるいは、難解な専門知識を身に付けることができるからです。すなわち、自分の実力が上がるからです。

逆に失敗する人は、逆境に遭遇すると、残念な思いに満ち溢れます。逆境に遭遇すると『私には、乗り越えられない。残念だ。諦めよう』となります。すなわち、失敗する人は、逆境を悪いものと思うのです。逆境に打ち勝つ努力を損する事と思ってしまうのです。

このコラムを読んでいる貴方は、逆境をどのように思うでしょうか? 『逆境を大歓迎』と思っている人は、成功する人です。そして、『逆境で困った』と思う人は、失敗する人です。

電験三種での逆境は、勉強時間の不足でしょうか? 難解な問題の克服法でしょうか? 勉強時間の不足を乗り越えた時に貴方は、自身の成長を感じるはずです。難解な問題を克服したときに貴方は、自身の成長を感じるはずです。勉強時間の不足を大歓迎しましょう。難解な問題を大歓迎しましょう。電験三種に合格する人は逆境で成長する人です。不合格になる人は、逆境で挫折する人です。

もし、逆境の克服法を知りたい人は、相談してください。

電験