良い受験動機があれば合格したも同然

【コラム本文】良い受験動機があれば合格したも同然

きょうは、電験三種の受験動機について書いてみようと思います。

受験動機の重要性は、皆さん理解されていると思います。受験動機が強烈であれば、5分間などの僅かの隙間時間でも勉強したくなります。睡眠不足で眠い時でも「少しでも勉強したい」と思うようになります。受験動機の無い勉強は、成果が出ません。受験動機があってはじめて勉強の成果が出ます。

さてこれだけ重要な受験動機ですが、その受験動機にも良いものと悪いものがあります

悪い例は、冷静に頭で理解する受験動機です。例えば、「電験三種に合格したら、人事規程給料が上がる」や「電験三種に合格したら、大きな仕事ができると上司から言われた」等です。最悪は、「会社が受験しろと言うから受験する」です。そして理屈抜きに「とにかく給料を上げたいから」や「大きな仕事をするのが夢です」等は、良い受験動機です。良い受験動機と悪い受験動機の違いは心が動いているかどうかです。

人間は、心が動くと体も動きます。スポーツ選手が引退するときに「負けても悔しいと思う事が無くなった」や「もはや気力が無くなった」とコメントするのを聞いたことがあると思います。逆に40歳を過ぎても気力が衰えること無く活躍している選手もいます。映画やTVドラマで、好きな事のために命をかける物語があります。すなわち、心が体を動かしているのです。

受験動機も同様です。例えば、「なぜか説明できないが、名刺に電験三種合格と書きたい」というのでも良いと思います。「名刺交換した時に相手の反応を見たい」というのでも良いと思います。心を動かすのに理由は不要です。

先日、電気と資格の広場のセミナーで受講生から「セミナーを受講した時は、やる気がでるのですが、しばらくすると気力が無くなります。どうすれば良いでしょうか?」と相談を受けたことがあります。私(坂林)は、その受講生に次のようにアドバイスしました。

「気力が出ないときは、試験に合格した後の事を想像してください。どのような事でも良いです。恥ずかしくて人に言えない事でも構わないので、妄想を膨らませてください。それこそ鼻血が出るくらいの妄想にふけってください」「そうすれば、合格後の夢を実現するために勉強したくなります」このようにアドバイスしました。

もし貴方も勉強の気力が出ないのであれば、5分間の隙間時間で勉強しようと思わないのであれば、寝不足の時に勉強しようと思わないのであれば、妄想にふける事です。貴方が実現したいと思う夢が強烈であればあるほど自分から勉強したいと思うようになります。「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

もし貴方自身でやり方が解らない場合は、電気と資格の広場のワンコインセミナーや動画サイト(←ここをクリック)に相談してください。

ワンコインセミナー(←ここをクリック)

動画サイト(←ここをクリック)

動画サイトの登録初月は、無料です。もし良かったら、動画サイト(←ここをクリック)から会員登録をお願いします。では、最速合格テクニックで、最短合格を目指しましょう。

では、「最短合格」を目指して一緒に頑張りましょう。

電験
電験3種ワンコインセミナー
電験3種ワンコインセミナー
LINE@

友だち追加

無料メールマガジン

「電気と資格の広場」
電験3種合格マガジン

無料メルマガ登録規約に同意して

有料メールマガジン

電験3種合格マガジン

「電気と資格の広場」電験3種合格マガジンは、電験3種(電気主任技術者国家試験第三種)の試験に合格するためのマガジンです。

1,080円/月(税込)

購読はこちら

上級電気工事士合格マガジン

第1種電気工事士の試験を受験する人や、第2種電気工事士を余裕で合格したい人を対象に作成しました。

1,080円/月(税込)

購読はこちら

お問い合わせ先

【電気と資格の広場】

  • TEL 03-6314-7816
  • 受付時間 9:00~17:00

お問い合わせフォーム