電験三種に合格してから。

電気技術者への挑戦ですが、まず電験三種に挑戦がお勧めです。そして、電験三種に合格した時が次にどのようにするかを考えるタイミングです。

例えば、工場やエネルギーを多く使う会社に勤務している人は、エネルギー管理士の受験に備えましょう。電気管理の責任者を目指すことができます。

また、比較的エネルギーの使用量が少ない工場などは、電気工事士の受験に備えましょう。電気機器などのまとめ役を目指すことができます。

電気工事や建築会社などの工事会社に勤務している人は、施工管理技士の受験に備えましょう。工事関係の責任者を目指すことができます。

管理会社などビルメンテナンスの会社に勤務している人は、消防設備士やボイラー技士の受験に備えましょう。管理会社で何でもできる技術者を目指すことができます。

事務系の業務に勤務している人は、電験二種や消防設備士の受験に備えましょう。電気の総責任者を目指すことができます。

起業独立を考えている人は、電気技術者協会などに入会しましょう。会合に参加すると起業独立に役立つ情報を得ることができます。生涯現役の技術者を目指すことができます。

電験