電験三種の勉強で使う参考書のお勧めは。

独学の人が、電験三種の勉強でテキストを勉強している人がいます。これは、あまりお勧めできません。テキストで勉強するのは、誰かに勉強を教えてもらう時です。独学の人は、問題集で勉強すべきです。

なぜかと言うと、テキストに記述するのは、何かを理解するのに必要な事をすべて書き込みます。そのため、記述に助長性が出ます。

それに比べて問題集で勉強するのは、必要十分な範囲の勉強になります。問題集で勉強するのは、問題を解くのに必要な知識だけを勉強するので勉強に最適です。

さらに言えば、過去問題集で勉強するのは、試験勉強に最もふさわしい勉強です。なぜなら、問題集は、少し難易度が高くなる傾向にあります。問題集を作成する人は、受験生から『この問題集で勉強したのに不合格になった』と言われたく無いので少し難易度を高くします。ですが、過去問題集では、実際に試験に出た問題です。そのため、難易度は、試験と同じ程度です。

以上から、過去問題集が、電験三種の試験勉強に最強と言えます。

電験