電験三種の4科目には、特徴があります。

電験三種は、4科目の試験ですが、それぞれ特徴があります。

理論:計算問題が8割~9割です。そのため、理解しながら勉強する必要があります。計算ミスにより間違う事もあるので計算力を養う必要もあります。

電力:知識問題が8割です。知っていれば解答できる問題が多いので、理解よりも多くの問題を読み込むことが合格のコツになります。

機械:計算問題が7割です。さらに試験範囲が一番広い科目です。近年の合格点は、55点以上です。そのため、苦手問題は、諦めるのも選択肢にして勉強して下さい。

法規:知識問題が9割です。しかしながら、繰り返し出題される問題があるので、過去問を暗記するのも良い方法です。

以上の特徴を理解して勉強すると比較的早く合格します。

電験