電験三種の試験に出題される問題は、決まっています。

電験三種では、出題される問題が限られています。

例えば、回路網の計算問題です。回路網の計算問題では、下記で解ける問題が出題されます。他には、出題されません。

1、ブリッジの並行による計算
2、ΔY変換
3、平衡と直列の合成抵抗計算
4、回路の対称性による計算
5、キルヒホッフの法則による計算

そのため、「1、~5、」を理解すれば、どんな回路網でも必ず解答できるようになります。

直流電動機の場合は、4種類の計算方法を理解すれば、どんな問題でも解答できます。変圧器は、3種類の計算方法を理解すれば、どんな問題でも解答できます。その他、いろいろな計算問題がありますが、解答方法は、それほど多くありません。

説明問題でも同じように出題されるのが限定的です。例えば、法則や効果などと呼ばれる現象は、15種類ほどです。15種類を暗記すれば、全て解答できます。

皆さんどんな問題が出題されるか研究してみてください。そうすれば、電験三種は、必ず合格できます。

電験