電験三種に出題される直角三角形は3種類だけ。

電験三種に出題される直角三角形は、3種類です。今日は、そんなことを書いてみます。

sin cos tanなど三角関数の知識が、電験三種で必要となります。その時に必要な種類は、3種類だけです。

必要なのは、辺の長さが1:2:√3と1:1:√2と3:4:5の3種類だけです。なぜかと言うとは、それ以外の辺の長さでは、計算が面倒になります。電験三種では、1問4分以内で解答できる問題しか出題できません。そのため、電験三種の問題で出題される三角形は、3種類だけとなります。

電験