電験三種は、短期集中で合格がお勧めです。

電験三種の合格は、短期集中がお勧めです。

科目合格の保留が3年間なので3年間での合格を目指す人がいますが、お勧めできません。3年間での合格を目指すと、最短合格で3年間です。多くの場合、どこかで失敗しますので4年間や5年間になります。

一番お勧めは、1年間の合格です。

1年間で合格する方法は、いつくかあります。例えば、次の3つの方法があります。

1、1,000時間勉強する。

過去に何回か記述したように電験三種は、1,000時間勉強すれば、合格できます。そのため、毎日何時間勉強したかを記録していきます。当然1日の勉強時間は、3時間です。

2、過去問題で5年間分をしっかり勉強する。

電験三種は、過去問題の類似問題が出題されます。まったく同じ問題は、出ませんが、出題問題の約7~8割は、過去5年間の類似問題です。合格最低点が55点ですから、過去5年間の問題を解答できれば、必ず合格できます。

3、計算問題を完璧に理解する。

電気は、数学で理解します。そして電験三種の問題は、8割~4割が計算問題です。計算問題の一番多いのが理論で約8割が、計算問題です。計算問題の少ないのが、電力で4割です。そして、電験三種の問題は、五肢択一です。そのため、偶然でも正解する問題が1~2問あります。よって計算問題を理解すれば、合格できます。なお計算問題でよく出る公式は、62個です。公式は、丸暗記しましょう。

以上を参考に短期集中で電験三種に合格してください。

電験