問題によって傾向があります。

電験三種の問題では、問題によって傾向があります。

例えば、交流回路では、√2に関係する値になる事が多いです。そのため、計算した問題で自分の答えが選択肢にない場合は、計算した答えに√2を掛けたり割ったりしてみると選択肢に一致する場合があります。

三相交流回路の場合では、√3に関係する値になる場合が多いです。

その他にも0.6、0.8、3など問題によっていくつかの傾向があります。

基本は、問題を計算で解くことですが、解けない場合の奥の手として、知っておくと便利です。

これら以外でもいくつかのテクニックを書籍に書いておきました。詳細書籍名は「数学がわかればゼッタイうかる!電験三種合格数学&予想問題」です。

下記URLの本です。

https://goo.gl/T7ake2

もしよかったら購入して頂ければと思います。

また、★の数は、いくつでも良いので(★★★★★が一番うれしいですが)Amazonで書評を投稿して頂ければ、予想問題をプレゼントします。

書評を投稿してから連絡ください。お待ちしています。

電験