電験三種は、比較的簡単に合格できる。

電験三種は、62の公式を暗記で合格できます。と言うのは、H29年の電験三種の問題で計算問題を正解すれば、下記の点数が獲得できます。

No  科目  計算問題  論説・空白  合格基準点
1 理論 80 20(4) 55
2 電力 45 55(11) 55
3 機械 55 45(9) 55
4 法規 34 66(11) 55

(問題数)B問題は、1問を(a)(b)で2問として数えた。

ここで計算問題が、正解すれば、合格基準点にほぼ到達する事が解ります。

一番点数の低い法規では、34点なので残り21点を論説・空白で獲得する必要があります。問題数では、4問正解すればよい事になります。すなわち、11問中で4問の正解なので比較的簡単なはずです。なぜなら、五肢択一なので当てずっぽでも5分の1の確率で正解するのですから。

電験