お金は、自分のために使う。

お金は、自分のために使うのが一番です。多くの人が、毎月給与をもらって、お金を使っています。ですが、自分のためにお金を使う人は、少ないです。

例えば「給料日なので美味しいものを食べに行こう」と考えます。それって、自分のためにお金を使っている事になるでしょうか?

確かに美味しいものを食べている時間は、満足します。ですが、食べ終わると何も残りません。貴方が使ったお金は、料理を提供した人に渡ります。

美味しいものを食べるという行為は、実は、自分のためにお金を使っているのでなく料理を提供した人のためにお金を使っているのです。

そうではなくて、お金を何かの経験や身に着くものに使ったとします。例えば、何かの見学や英会話や資格取得です。これらは、お金が貴方から離れてもお金で得たものが貴方に残ります。これこそが、お金を自分のために使っているのです。

お勧めは、収入の20~10%を自分の身になる事に使う事です。特に20歳代の人は、大目に自分のためにお金を使ってください。若い人の自分への投資は、リターンを回収する時間が長い分だけ良い投資になるはずです。

参考にしてください。

電験