電験三種は、知識量で合否が決まる。

電験三種は、知識量で合否が決まります。そのため、勉強時間に比例して合否が決まります。

あるいは、問題の解答練習の数に比例して合否が決まります。

勉強時間でいうと私の感覚は、1,000時間で電験三種に合格できます。この1,000時間は、電気は初めてでも数学に問題無い人が勉強を始めた場合です。簡単に言えば、電験三種の勉強計画を作成すれば、1,000時間になるという事です。

また、問題の解答練習でいえば、過去問題を5年間分練習すれば、合格できます。1回の試験で4科目に出題される合計の問題数は、66問です。よって、5年間の問題数は、66問×5年間=330問です。今年の試験日が、9月2日です。今日から数えて、211日間あります。毎日2問の解答練習すれば、電験三種に合格できます。

参考にしてください。

電験